画像パクツイの通報で誤って自分の元画像を消されてしまったときの対処法

sabaki

現在、Twitterの仕様上のアレコレで、「パクツイを著作権侵害で通報したのに、なぜか自分の元ツイートの画像が非表示にされる」ということがちょくちょく起きています。これを復活させるための、Twitter社への連絡用テンプレート(英語)を公開しています。

詳細は上記ツイートの日付部分をクリックして一連のツイートを見ていただきたいのですが、要は「通報されたパクツイが、元ツイートの画像URLを利用して画像を参照表示している」場合、これを通報すると「オリジナルの画像のほうを非表示にしてしまう」ことがあるようです。念のため通報時に「元ツイートの画像を非表示にするのではなく、侵害ツイートそのものを非表示にしてください」と書くことをおすすめします。
なお、このとおりに書いても、数十回~百回に1回程度は取り違えが起こるようです。担当者の方により対応が違うのかもしれません。

これをやられてしまった場合、Twitterから「なんかの間違いで画像が消されちゃったときは、10日以内にかくかくしかじかの文面をこの住所まで郵送するかFAXしてね」というメールが届きます。

同じような被害にあわれた方のために、その文面の書式見本とコピペ用テキストをここに置いておきます。
「とりあえず私はこれで復活させてもらえたよー」という一例で、解決を保障するものではありませんが、よろしければご自由にお使いください。

(2015/02/21 追記:返信は海外宛のFAXでなければいけないようなことが通知メールに書いてありますが、「Twitterの著作権窓口からのメール」への返信であれば、メールでも受け付けてもらえます。

(2015/09/16 追記:最近、削除された側への通知メール(DMCA Takedown Notice)が届かないことがあるようです。その場合は自分が通報した際の返信メール(報告を受け取りました、と書いてあるやつ)へ以下のテンプレ通りのメールを送ってください。あるいは別件の通報でもいいので、とにかくTwitterの著作権関連窓口に届く形で返信メールを送ってください。)

書式見本

fax-sample

コピペ用テキスト

(個人情報の部分を適宜自分のものに置き換えてください)

Dear Twitter, Inc.

Hello, this is a counter-notification for DMCA takedown notice.

Since I believe the material has been removed as a result of misidentification, I send you a counter-notification of my objection pursuant to 17 U.S.C. § 512(g)(3).

Please confirm that you have removed my original tweet’s image, not only the infringing one.

My name:
自分の名前
(ローマ字で自分の名前)

Address:
住所の日本語表記
(ローマ字で建物名等, 番地, 町名, 市区名, 県名, JAPAN)

Telephone Number:
(自分の電話番号)

E-mail Address:
(自分のメールアドレス)

My Twitter Account ID:
(自分のアカウントID)

The location of the material that has been removed:

(復活させてほしい、オリジナル作品のURL)

I swear under penalty of perjury that I have a good faith belief that the material was removed or disabled as a result of mistake or misidentification of the material to be removed or disabled.

I consent to the jurisdiction of the Northern District of California, and that I will accept service of process from the person who provided notice under 17 U.S.C. 512 (c)(1)(C) or an agent of such person.

My signature:
自分の名前 (ローマ字で自分の名前)

(2015/05/27 追記:連絡後、復帰までにかかる時間は2~3日から1週間程度で、まちまちです。10日以上かかっている場合は再度FAXしたほうがいいかもしれません。メールのほうには返信期限があり、一定期間経つと、送信してもTwitter社に届かなくなります。)

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。